初めての一般質問を行いました!

2011-07-07
Pocket

去る6月23日、初めての一般質問を行いました。
原稿の棒読みをせず、「活きた言葉」で質問した方が傍聴されている方も分かりやすいだろうと思い、原稿ナシで臨みました。
後ほど、当ホームページで音声をアップしますので、ぜひ聞いてみて下さい(一部音声が聞き取りづらい箇所もありますので、ご了承下さい)。
また、ここでは質問と答弁の要点をご報告いたします。
(ちなみに持ち時間1時間のうち、質問31分答弁30分でした。質問数19個は今回の質問者15名のうちで最多でした!……多ければいいってわけじゃないですけど(汗))。

1 蓮田市地域防災計画について
1・震災時、市のホームぺ―ジが遮断された時間と原因は?
>計画停電に伴い、4月14、15、16、17、18、22、23日に市のホームページを遮断いたしました。
  (一問一答)
市民の貴重な情報摂取手段であるホームページが7日間も遮断されたのは信じられないこと。
無停電電源装置は付いてないのか?
>色々と技術的にはあると思いますので、今後このようなことがないよう対策をしていきます。

2・指定避難所の被害状況は?
>小学校は体育館の天井板のずれ、窓ガラスの破損、給食棟の漏水、校舎外壁等のひび割れ。中学校は校舎建物間のつなぎめの亀裂、給食棟の漏水、体育館ギャラリーの天井板の落下、壁時計の落下。勤労青少年ホームは漏水、玄関まわりの階段が破損、農業者トレーニングセンターは階段が破損、老人福祉センターは漏水。
蓮田南小学校の体育館の窓ガラスが5枚ほど落ちたと聞いている。ちゃんと把握しているか?
>把握しております。答弁漏れがありました。

3・災害予防対策基本方針のうち、達成目標が緊急とされているものの各担当課それぞれの達成状況は?
>各担当課164の分担業務があります。今回の震災を機に老人福祉センターでの避難者受け入れマニュアルを作成した。現在継続して取り組んでいるものや見直すものなど様々なので達成状況を数値で示すことは出来ません。
この地域防災計画は平成13年度に策定されて、そのうち緊急とされる対策は5年以内に達成せよと書かれています。答弁を聞くと、やはりほとんど実行されていなかったようで、計画の見直しを今後行うと思うが、ぜひ、計画するだけでなく実施して欲しい。
  

4・震災時、また震災後における社会福祉協議会の活動内容及び状況は?
>福祉作業所通所者の安全の確保、社協が行う給食サービス提供者の安否確認、ボランティア保険の受付、さいたまスーパーアリーナでの被災者支援を行ったようです。
  
5・市民、被災者の問い合わせ内容と状況及び対応は?
>建物被害の状況と市の支援についての問い合わせ。職員により被害状況を調査。15班体制でブルーシートの提供を行いました。罹災証明書の発行17件。被災地への物資の提供の問い合わせ。ボランティア協
力の問い合わせについては老人福祉センターを紹介しました。計画停電の問い合わせが非常に多かった。4月30日まで閉庁日も電話対応班を設けた。現在は放射能被害についての問い合わせが多い。被災者からの問い合わせ、就労、就学、健康、住まい、職員による班編制5班17名で避難先に出向き対応をしました

6・防災対策本部27回開催の会議内容は?
>3月11日   本部設置。被害状況の把握、被害対策を話し合う。
  3月中旬   計画停電について。公設避難所を蓮田でどうするか。支援物資をどうするか。市内へ避難されている方をどうするか。
  3月下旬  水道水の放射性物質による影響対策をどうするか

  4月上旬  公設避難所の対応、民泊避難者への対応、水道水の放射性物質の対応、被災地への職員派遣について
  4月中旬  避難者個々へ支援、公設避難所の避難者へのサポートについて
  5月上旬  民泊避難者への支援、災害対策から復興支援へ
  5月中旬  公共施設の開放時間
  5月下旬  南三陸町へ税務経験職員の派遣、空気中の放射性物質の測定について
     

7・市の物資の備蓄状況は?
>アルファ米4500食、真空パック毛布5000枚、仮設トイレ18基(組立式)、簡易トイレ195セット、救助工具等その他。1日の想定6300人。1日3食18900食。備蓄をどう確保するか課題に。

8・市災害対策連絡会議の運営状況は?
>市内の公共団体等が一体となって災害対策を推進できるよう、蓮田市災害対策連絡会議を設置して、情報交換や意見交換をするとされていますが、現在、設置されておりません。議員のお話のように今後設置すべく検討し、定期的に開催する必要があると感じた次第です。

9・市の公式ツイッター、緊急災害発信用ツイッターの導入予定は?
>導入を開始した地方公共団体があるのは承知しております。ネット時代に対応した災害情報発信手段の検討は必要です。誤った情報の発信に注意し、正確な情報の発信につなげていく。情報を発信する体制、責任ある体制づくりが必要。今後、検討していく。

10・大規模太陽光発電所に該当しうる市内の耕作放棄地、休耕田の面積は?
>耕作放棄地 蓮田地区15筆1.3ha 黒浜地区25筆2.1ha 平野地区9筆0.8ha
  合計49筆4.3ha
  休耕田 蓮田地区710筆35.6ha、黒浜地区760筆43.9ha 平野地区987筆61.8ha
  合計141ha
  これらは点在しているので、休耕田は生産調整なのでそれも考慮する必要がある。

2 高齢化及び人口減少問題について
1・1995年から2015年までの総人口及び年齢区分別人口の推移と見通しは?
>議員が資料配付しているので省きます。

2・第4次総合振興計画策定の2007年度から現在までの開発人口は?
>議員ご指摘の通り、総合振興計画の想定フレームでは1500人です。実際の数字は市内の字別(山ノ内地区、馬込下蓮田地区、黒浜地区)の人口推移を比較すると277人の増加です。

3・開発人口の算定根拠となった山ノ内地区、馬込下蓮田地区、黒浜地区の土地区画整理事業によって増加した開発人口は?
>2番目で答弁した通りです。

4・第4次総合振興計画の土地利用構想にある下閏戸地区の住宅地ゾーンの開発予定は?
>下閏戸地区は地域住民と平成9年から区画整理事業を前提とした市街化区域編入について交渉をしてきたが賛同が得られず、平成14年7月区画整理事業による面整備を断念した。現段階では開発予定はないが、引き続き地元住民と話し合いを進めていきたい。

5・埼玉県知事が進めるエコタウン構想を緑住ゾーンである閏戸、根金、平野地区で誘致、展開できないか?
>県の動向を見て検討をしていく。

6・自治会館の設置状況と設置条件は?
>98自治会のうち49カ所を所有。複数の自治会で共有しているところもあるので75の自治会が会館を持ち、会館を持たない自治会は23。特に蓮田市側からの条件はございません。自治会様のお考えの元にあります。

7・自治会館の建築ではなく賃貸による設置の補助ができないか?
>自治会館設置には市や県からの補助があるが、賃貸には補助の規定がない。しかし、介護予防という観点からも賃貸に関しても補助ができるよう今後検討していく。

 3 蓮田駅西口再開発事業について
1・市民に現状報告会またはタウンミーティングを開催できないか?
>西口再開発事業の市民への告知について、先月の広報はすだで掲載しました。現下の状況を踏まえますと、市が主催する形では考えておりません。ただ、出前講座や勉強会に対しては積極的に協力いたします。できるだけ早い段階で事業を進めていきたいと考えています。

2・市長の意欲をお聞かせ願いたい。
>議員からは西口再開発事業について早く積極的に推進せよとの趣旨だと思います。西口再開発事業は道路、駅前広場、ビルの3点セットですが、確かに共同ビルが重要な位置づけです。明治18年に西口が開発され、昭和47年に市制成功による橋上駅化、それにつぐ歴史的な事業だと思っています。シンボル、街づくりの中心として、市民の皆様が誰もが思っていることだと思います。最優先事業で行ってまいります。

運営管理:森 伊久磨事務所 蓮田市東6-2-12 TEL.048(878)9519