蓮田市議会インターネット中継!

2014-10-24
Pocket

皆様、こんにちは。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
さて、私が副委員長を務めます「議会改革特別委員会」が、先日、全5回の会議を経て終了しました。
その名の通り、蓮田市議会の運営等に関することを全会派で話し合い、改革案を検討及び実行していく委員会で、検討事項は全17件ありました。
その中でもやはり目玉なのは「議会のインターネット中継」で、早ければ来年度早々にも実施できる見通しとなりました。このネット中継によって、市民の皆様の市政への関心が高まることを期待します。
その他、検討した案件とその結果は以下の通りです。

1・議決事件の拡大……議会基本条例と共に検討する事案であるため、検討を見合わせる。
2・議長等の選出方法……議長選挙は立候補制ではなく、全員が候補者であるため、演説等はなじまない。
したがって、当委員会では検討しない。
3・執行部の丁寧な説明を求める……執行部に要望書を提出済みで実施。
4・議員全員の共通文書の配布……案件が生じた場合には実施。
5・関係審議会の開催状況報告……各常任員会で必要があれば委員からの申し入れで委員長が要請する。
6・議員研修の充実……具体的な研修要望事項があれば議長に要請してもらう。
7・政治倫理条例の制定……議会基本条例と共に検討する事案であるため、検討を見合わせる。
8・議会基本条例の制定……まちづくり基本条例の否決により検討を見合わせる。
9・本会議の開催状況のテロップ放映……インターネット中継の際に導入する。
10・インターネット中継の検討……議会運営委員会で検討開始。来年度実施を目標とする。
11・議会ホームページの充実……平成25年12月に実施済み。
12・委員会会議録の公開……一般の閲覧について原則公開とするが個人情報に配慮する。
13・会派視察報告書の提出……平成26年7月に実施済み。
14・市役所入口に議会コーナー設置……平成25年3月実施済み。
15・議案書は議員各自で引き取る……平成25年3月実施済み。
16・本会議会議録は希望者のみ配布……配布の必要のない人は自主申告する。
17・各議員への連絡のIT化……メール連絡希望の人は自主申告する。

以上、議会改革17項目の検討案件です。
正直、わざわざ特別委員会で検討する案件かと思うような稚拙なものもありますが、まずは僕が議員になったときに真っ先に議長宛てに要望書を提出した「インターネット中継」が実現することになるので、成果はあったかなと思っております。ただ、このネット中継の実現にも4年間かかりました。ちょっとかかりすぎですね。
それに、政治倫理条例や議会基本条例などの大きな案件もありました。
この二つの条例は検討しないことと判断しましたが、それは昨年12月議会で「まちづくり基本条例」が否決されたことによります。
まちづくり基本条例と議会基本条例は密接にリンクしており、前提としてまちづくり基本条例が制定されていないといけません。
このまちづくり基本条例については、私は反対の立場で当ブログでも色々と問題点を指摘してきましたが、実はこの議会基本条例についても私は懐疑的です。住民自治基本条例や議会基本条例など、「基本」という言葉のつくものに胡散臭さを感じてしまいます。議員とはこうあるべき、議会とはこうあるべき、市民とは、本市の意思決定は、といったものをわざわざ規定するのですが、それは上位法である地方自治法や日本国憲法にしっかりと書かれてあり、それを超えて(住民自治基本条例の場合は地方自治法に優越して)、規定する意味があるのか疑問に思うのです。
実際、日本で初めて住民自治基本条例が制定された北海道のニセコ町でも、その後の検証により制定に意義は見られなかったと報告されています。
というわけで、一部検討を見合わせたものもありましたが、概ね実施をしていくことになりました。
皆様、ぜひ、今後の蓮田市議会にご注目を頂ければと思います。

運営管理:森 伊久磨事務所 蓮田市東6-2-12 TEL.048(878)9519