また伝統のチームが解団(>_

2015-12-06
Pocket

皆様、こんにちは。

師走となり、いよいよ忘年会シーズンに入りました。早速、12月5・6・7日の3連チャン。1日置いて9日、11日と肝臓の休まらない日々が続きます(^^;)
さて、昨夜は蓮田市少年野球連盟の納会でした。毎年、蓮田市野球連盟の会長として呼んで頂き、2010年から参加してもう5年目となります。蓮田市内の少年野球チームの監督やコーチ、父母会の方々など、総勢50名ほど集まり、父母会のお母さんたちのカラオケやダンスなどもあったりして、とても楽しい納会です。
僕も子供の頃、少年野球チームに所属していましたが、僕の出身チームは10年近く前に団員減により解団、そして、今年限りでやはり解団予定のチームが発表されました。
最盛期は市内で10数チームもあった少年野球ですが、今や6チーム、今年限りで蓮田では伝統のあるチームと言われる「ガッツ(蓮田北小・平野小学区)」も6年生が卒業して、わずか団員3名となることで解団の予定ということでした。(この記事を読んでぜひ少年野球チームにご子息を入れたいという方、ご連絡をお待ちしています!ガッツも新加入があれば解団を免れます!)
そして、このままでは今後数年で他のチームも同じ状況になるとのことで、本当に寂しい限りです。
問題の根本は、人口減と少子高齢化でしょうが、色々とお話を伺うと、細かい原因も少なからずあるようです。
例えば、毎回のお茶出しや車出しなどの父母の負担、スポーツや習い事などの多様化、経済的負担、学習塾の休日終日授業などなどです。
少年野球チーム側でも、それらの対策をしていますが(例えばお茶出し無しなど)、成果が見られるほどにはなっていないようです。
政治としてそのチーム減にコミットする方法が何かあるかと言えばとても難しいですが、いちOBとしてこれ以上の解団は避けるための何かしらのアクションを起こしてみたいと思います。
まずは蓮田市野球連盟(成人の野球連盟)の会長として、連盟加入チームのメンバーの皆さん(30チーム登録メンバー650名)に、少年野球の現状を訴えて、それぞれのご子息等に参加を促してみようかと思います。
また、私が活動している様々な団体や組織等での呼びかけやバックアップも行ってみようかと思います。
IMAG0484_BURST002_COVER~2
IMAG0483~2

運営管理:森 伊久磨事務所 蓮田市東6-2-12 TEL.048(878)9519