ご挨拶

2011-05-02
Pocket

ご挨拶が遅れてすみません。
皆様のご支援のおかげで、蓮田市議会議員選挙に当選することができました。
皆様に御礼を申し上げたいところですが、公選法上、ご挨拶ができませんのでご了承ください。

4月24日の投票日、選挙戦を終えて反省する点ばかり。
あれもすれば良かった、これもすれば良かった……。
初めての選挙戦なので、何の戦略もなく行き当たりばったりで、ただ必死に街宣を行っていました。
「街頭演説やってる?」
と支持者の方に言われて気づいたのが選挙戦最終日。
それではと、最終日は街頭演説と決めて市内17ケ所で行いました。それをその支持者の方に話したら、笑われてしまいました。
「選挙戦前半に街頭演説をこなして、最終日はとにかく覚えてもらうために名前を連呼する」
というのが、通常の戦い方なのだそうです。
僕の場合、全く逆になってました。

選挙戦を振り返ると、つらかったけれど楽しかったですね。
市民の皆様に自分をどんどんPRして、積極的に話をしていく。市民の皆様の熱い期待がじかに伝わってくるので、本当に励みになりますし、責任も感じます。
それに、普段はあまり通らないような蓮田の隅々まで回ったことで、色々と勉強になりましたし、感じることがありました。それは、

「蓮田はまだまだこれからの街」

だということ。
遅れている分、逆に十分に可能性を秘めていると痛感しました。開発ができるところもたくさんありますし、自然もありのままに残されています。産業を集積できるところも、宅地として開発できるところもあります。
「自然・産業・住宅」がそれぞれに調和しながら、発展できる可能性がこの蓮田にはあります。ぜひ、未来の子供たちに自信を持って受け継いでいける街を創っていきたいと思います。

ところで皆さんご存知だとは思いますが、選挙結果は1290票で第6位、新人ではトップで当選させて頂きました。投票率が前回に比べて10%(約5000票)も減ってしまいました。もし前回並みの投票率であれば1500票以上も頂いた得票数になります。

この得票数はこれから僕の4年間の責任になります。計算したら投票して頂いた方の18人に1人は「森いくま」と書いて下さったんですから、本当に重大です。

本日、皆さんのそんな期待に応えるべく新会派の届け出を行ってきました。
5月2日が締切日で、この届け出を待って、皆さんに当選のご報告とともに発表をしようかと思っていたのです。

 

風を読み、風を感じ、風を起こす!

『新会派・風(かぜ)

我々は既存の会派にはない清新な発想と大胆な実行力、そして会派メンバーそれぞれの個性と能力を生かして、蓮田市に新しい風を起こします!

代表 森 伊久磨
   勝浦 敦
   本橋 稔
   湯谷 百合子

全メンバー4人で最大会派・新政会についで、二番目の会派になります。
各会派構成 新政会7名
      風4名
      新樹会3名
      日本共産党3名
      公明党2名
      無会派1名

市民の皆様の目線に立って、新しい蓮田を創っていきます!ぜひ、ご期待ください!

運営管理:森 伊久磨後援会事務所