蓮田駅西口駅前ビルの公益施設案発表!

2014-06-14
Pocket

昨日の蓮田市議会全員協議会で平成30年度完成予定の西口再開発ビル公益施設の概要報告がありました。
公益施設全体面積1,307㎡。市役所連絡所202㎡、会議室345 ㎡、市民広場・団体作業スペース・ギャラリー298㎡、子育て支援スペース166㎡、防災庫50㎡。執行部が西口に公民館をとのことでしたが、内容を見る限り本当にただの公民館ですね(>_<) 40年近く待って、この施設かと残念です。議会や委員会でさんざん指摘したんですけどね(当初のセキスイ案は全体面積2000㎡で、今回は3分の2になってしまいました)。 しかも、東口の中央公民館も現在大規模改修中です。 つまり、蓮田駅の駅前には東西両口に同じような公民館が2つ出来ることになります。駅前の一等地に2つの公民館って必要ですかね。 この一連の施策のチグハグぶりは、中央公民館裏の駐車場敷地に顕著です。半分は既に市有地でしたが、残り半分を蓮田市土地開発公社が5年の償還期限で購入しました。つまり、向こう5年間、市は早期償還を受けない限り、手を付けられないということです。 それなのに、中央公民館の建物は耐震補強とそれ以外の大規模改修を勇み足で行ってしまっています(国からの補助があるのは耐震補強工事分だけ)。つまり、補助があるのは、全体工事費のわずか4分の1に過ぎません。4分の3はわざわざ改修のために市単独で拠出しているのです。 どうせそこまで出すなら駐車場敷地まで含めた全体的な整備計画があってしかるべきだったでしょう。 僕が再三提案していたのは、 ①まずは西口駅前ビルの公益施設をセキスイの当初案(2000㎡)のように充実させる。 ②中央公民館は補助金がある耐震補強工事に留めておく。 ③平成30年に完成の西口駅前ビルの施設の利用状況を見ながら、現在の中央公民館と商工会館は、裏の駐車場敷地の償還を受けてから、改めてどんな施設が必要か、その時の状況も見て一体的な整備計画を最初から考え直す。 西口駅前ビルの公益施設には、当初、児童の一時預かり所施設すらありませんでした。これは僕と中野政広議員が議会や委員会で強く要望し、なんとか今回の案に入れて頂きました。 しかし、それでも十分ではありません。駅前の両公民館、市民の皆様はどうお思いになるでしょうか。

運営管理:森 伊久磨後援会事務所