プロジェクトせんたく設立会見

2015-02-14
Pocket

昨日の「プロジェクトせんたく」の設立会見を受けた、今朝の埼玉新聞です。

県議選へ非自民結集
上田知事が応援団長に
 
県議会保守系会派「刷新の会」代表の鈴木正人県議が13日、県庁で記者会見し、4月の県議選に向け「非自民勢力」を集めた新たな政治団体「プロジェクトせんたく」の結成を表明した。同日県選管に結成を届け出た。「県議会改革」を掲げて選挙に臨む。

 会見には「応援団長」として加わる上田清司知事も同席し「鈴木議員さんたちと同じ意識を持った人たちを増やすことに大いに賛成する。選挙前を含め、政治活動全体をしっかり応援する」と述べた。

 新団体は鈴木氏が代表を務め、無所属の醍醐清、岡重夫両県議が副代表に就任。ほかに刷新の現職6人と、新人で立候補を予定する十数人が参加する見込みだ。

 会見で鈴木代表は、県議会で過半数を占める自民党主導の議会運営に対し「身を切る改革や情報公開が遅れている。特定のベテラン議員に気を使い、上田知事の改革と反対の方向に向かっている。1年ほど前から政策論争ではなく、政局的な異論で知事との対決姿勢が出ている」と批判。知事は「政策論争であれば何の問題もないと思うが『理由なき抵抗』のようなものがある。開かれた仕組みになっていない」と、議会改革の必要性に踏み込んで発言した。

 鈴木代表は新団体の参加人数について「最終的には30人に近づけたい」とし、民主党の候補予定者に対しても「趣旨に賛同していただければ、推薦を前向きに考えたい」と述べた。現在、現新13人が県議選に立候補を予定する民主関係者は、今回の動きについて「大勢の候補予定者が賛同するのではないか」と話している。

運営管理:森 伊久磨事務所 蓮田市東6-2-12 TEL.048(878)9519