激動の一年

2015-12-31
Pocket

皆様、こんにちは。
今年もあと1日となりました。

思えば去年の大みそかは支援者の方たちと看板立てやポスター貼りに奔走していました。
そして、元日は始発から終電までの18時間の駅頭活動。色々な方に声をかけて頂き、多くの励ましも頂きました。温かい差し入れもたくさん頂きました。

しかし、本当に今年は人生で一番の激動の年でした。全速力で走り抜けました。
毎朝始発から駅頭に立ち続け、どのくらい立っていたか、もう忘れてしまいました。

ポスティングも3カ月間かけて1軒ずつ丁寧に2万軒以上行いました。どうも人任せに出来ない性格で、何事も全部自分でやらないと気が済みません。
おかげで蓮田市の隅々、地図に載ってないような場所まで知ることができました。蓮田市の良いところ、駄目なところも見られた気がします。

そして、いよいよ迎えた4月3日から9日間の県議選。晴れた日の記憶がほとんどなく、雪まで降るという悪天候の選挙戦でした。
上田知事には期間中3日間も応援に入って頂きました。プロジェクトせんたくカーに乗って、ロッキーのテーマで知事と一緒に蓮田市内を街宣したときは、正直気持ち良かったですね(^_^)
街頭から大きな声援も頂きました。

そして、選挙戦最終日。
心残りはなくもありませんでしたが、自分ができることはやり抜いた気持ちでした。それよりもむしろ、長い間、自分の仕事や時間を犠牲にして僕を支えてくれた支援者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいでした。

また、色々なお立場があるにも関わらず、僕を推薦してくれた上田知事と中野市長、そして、選挙期間中、雨に打たれながら、それこそ始発から終電まで共に戦い抜いてくれた勝浦議員と田中議員には感極まって、不覚にも最終日にその友情に男泣きしてしまいました。

そして、結果。
6795票を頂きましたが、501票差の次点で落選。
悔しさと言うより支援者の皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。開票所では最後の最後までデッドヒート、最後の投票箱が開けられるまで僕がリードしていたようでしたが、本当に最後の開票で負けてしまったようです。

その後、1週間は市内に立てられた看板や選挙事務所の撤去作業、お詫び行脚で忙しく、気持ちの整理がつかないまま、日々悔しさや辛さが募っていく中で過ごしていました。
そして、市議選。僕を応援してくれた勝浦議員と田中議員のため、一生懸命応援しました。僕のときとは打って変わって、汗ばむほどの天候。無事に二人とも当選し、また、二人を応援していて、新しい選挙戦のヒントも得ることができました。

選挙の事後処理にひと月ほどかかり、ようやく身体が落ち着き始めたのは5月。気持ちの整理やモヤモヤは一向に解消されていませんでしたが、先立つものは待っていてはくれず、早急に仕事を見つけなくてはなりませんでした。

転職サイトなどの情報をかき集めて、履歴書を送ることの繰り返し。転職の支援機関にも登録して就活を行いました。
しかし、何か手に職があるわけでもなく、元政治家なんて敬遠されこそすれ、積極的に採用してくれる企業はありません。

3ヶ月間の就職活動。数十社は書類を送ったり、面接したりしたかもしれません。
一番のネックは44歳という年齢でした。
ただ、この就職活動でも多くのことを学びました。
ブログでも書きましたが、景気は上向き、有効求人倍率も増え、失業率も減ったとは言われていますが、末端の現状はそう実感できるものではありませんでした。

僕なんかより若くて前途有望な多くの青年たちが、うなだれて就職活動を繰り返している姿をいつも見ていました。
企業は多くあるけれども、職種はとても限定されており、しかもそのほとんどが非正規雇用です。
正社員を望む若者たちに応えられるわけもなく、実際には数少ない就職先を探して、若者たちは流浪を続けていました。
こんなところにも実状に合った政治の手助けが必要だと実感しました。

とかく行政の仕事は実状にそぐわないことが多くあります。今や負の遺産となってしまった多くの公共施設、景気対策と称してばらまかれた多くの札束やら商品券などを見れば、容易に思い当たります。

反面、公共の福祉の名の下で、切り捨てられ、見捨てられている多くの弱者が存在することを知らなければなりません。

行政の仕事で、果たしてこの施策が本当に最大限の効果を発揮出来たと思えるのは、どのくらいでしょうか。
僕の4年間の実感では、新しい事業に取り組む場合は、半分あれば良いほうだと思います。

不満は沢山あります。同時に期待も沢山あります。
それには、街づくりのためならば捨て駒になれる本気の政治家がいるかいないかにかかっています。

さて、だいぶ脱線してしまいました。

僕の3ヶ月にわたった就職活動ですが、縁あって外資系の会社に就職することができました。

7月1日に入社して1ヶ月間の研修。この5ヶ月間に資格試験が多くあり、すでに6個以上の試験を受けてきて、全てパスしてきました。

外資は実力社会です。報酬体系もコンプライアンスも昇格基準もしっかりしており、極めて合理的で明確です。

政治の派閥の世界のような不合理極まりないところとは真逆で、実力だけが評価されます。ですから、派閥の長を持ち上げる太鼓持ちのような気持ち悪いやつもおらず、支社長とは上司・部下ではなく、信頼できるパートナー。
出来れば評価されるし、出来なければ評価されないだけ。そこに私情は一切入りません。

お茶汲み、肩もみ、聞き分けの良いばかりのやつが出世していくなんてことはなく、僕みたいな聞き分けの悪いやつにはとても性に合っています。

おかげで、会社の歴代新人記録を塗り替えました。すでに様々な賞も多く頂いて、入社5ヶ月目にして昇格基準をクリアし、管理部門への道も開かれました。新人にして全国約1000名の営業マンの中で全国2位という月間成績も残すこともできました。

大きく失った自信をようやく取り戻してきました。

でも、こういった活動が出来るのも支援者の方たちの大きな応援のおかげです。そして、このブログを読んで下さる皆様からもいつも大きな力を頂いています。

僕は、皆様たちからまたも救われました。
だから、絶対に恩返しをしなくてはなりません。捨て駒として本気で命がけで皆様の生活を良くし、街の発展をさせていかなくてはなりません。

1年間は充電時間を下さいとお願いしました。2016年の春までもう少しお待ち下さい。

僕の闘いに終わりはありません。

未来を恐れず、過去を振り返らず、今を生きる。

最後までお読み頂き有り難うございました。
今年も皆様、大変お世話になりました。
新年もよろしくお願いいたします。

運営管理:森 伊久磨事務所 蓮田市東6-2-12 TEL.048(878)9519